岐阜でホームページ制作、マーケティング&デザインを提供しているMWORKSです

お気軽にお問い合わせください

TEL 0573-67-8189

Mブログ

- mblog -

2017年版|パソコン画面解像度シェア&HP制作に最適なサイズとは?

公開日: : Webマーケティング,ホームページ制作関連

2017年版|パソコン画面解像度シェア&HP制作に最適なサイズとは?_カバー画像

パソコンからスマホへ主流の端末が移り変わっていますが、仕事で使用するとなるとまだまだパソコンの存在は欠かせません。

Web制作者としては、PC用サイトのデザインでも画面のサイズや比率によって、見え方やファースビューで見せられる情報量が変わるので、どのような環境で運営しているサイトが多くみられいるかを知ることは重要です。

今回は、無料のオンライン訪問者統計ツール「StatCounter」を使用したデータサンプルと、MWORKSのアクセス解析の結果を比べながら、パソコン解像度のシェアや「どのあたりの数値がPCデザインサイズの最適解なのか?」なども考察していきたいと思います。

StatCounterでの結果_日本

今回は日本のみでの結果を表示しています。

http://gs.statcounter.com/

StatCounter_日本モニタ解像度シェア
1920×1080 26.89%
1366×768 18.1%
2560×1440 4.91%
1280×1024 4.57%
1280×800 4.45%
1440×900 4.22%
360×640 4.11%
1920×1200 3.55%
1600×900 3.38%
1680×1050 2.83%
Other 23%

MWORKSの結果_Googleアナリティクス調べ

こちらは、PC以外の端末もすべて含んだ数値となっています。
(PCモニタのみで抽出できませんでした。。)

MWORKSの結果_Googleアナリティクス調べ_画面解像度
1920×1080 21.84%
1366×768 16.91%
375×667 6.58%
1280×1024 5.68%
1440×900 5.41%
360×640 5.00%
1280×800 4.63%
1536×864 3.34%
1600×900 3.07%
2560×1440 2.98%
1920×1200 2.82%

上位シェアなど

1位 1920×1080

この解像度が一番多い様です。デスクトップ、ノートPCともに利用されている解像度です。主なモニタサイズ型は下記になります。

11〜18型(ノートパソコン)

19〜28型(パソコンモニター)

2位 1366×768

この解像度からすると、ノートパソコンでの利用が多そうです。(現在この解像度で、デスクトップ15インチ前後のモニタはあまり売られていないため)

10〜15型(ノートパソコン)

15〜20型(パソコンモニター)

補足、画面解像度について

補足情報として、かなりざっくりですが解像度の説明を書いておきます。

解像度=画面サイズではありません。横幅×縦幅の中に幾つのドットがあるのか?を示す数字が画面解像度になります。

同じ解像度のモニタでも画面サイズは色々

例えば:

1920×1080 27インチ
1920×1080 21.5インチ

上記の画面サイズで同じ解像度のモニタがあった場合、27インチに比べて21.5インチは解像度が高くなり、表示される画像、文字は小さくなります。

解像度により対応している画面インチサイズの傾向はありますが、(1920×1080 21.5インチのモニタが多いなど)

解像度の数字は、あくまでドットの数となります。アクセス解析の解像度データから画面サイズを正確に知ることはできません。

よく使用されている(販売されている)市場の動向から、インチ数を推測することになります。

横幅は1000pxあたりで制作するといい感じ。縦幅は?

Web制作者としては、モニタサイズのシェアからどのサイズでホームページを制作すれば多くの人に見やすくなるか?が気になる所です。

横幅の解像度については、「1000px前後で良い」と今回の調査で再確認しました。
数年前からすでに1000px程度で制作していましたが、PCモニタについては、今の所、引き続きこの対応で良さそうです。

今回の結果のTOP10での最小サイズは、1280なので、このサイズで制作するとブラウザをフル画面表示にしないと全体が見られません。

しかし、幅が狭すぎると掲載する情報量も減り、見づらいサイトになってしまうので、少し幅を減らして、1000px程度が見やすく、且つ小さめのノートPCなどでも収まるデザインにできると思います。

画面サイズ、縦幅は?

縦幅はスクロールをしてページを見ていくので、横幅程気にする必要はないかもしれませんが、ホームページのファーストビューで見られる範囲は注意が必要です。

画面の縦幅に関しては、最小が768で最大が1440なので、ホームページのファーストビュー(最初に表示される画面)は、1000px以内に収めた方が良さそうです。

最近では、インパクトのある大画面でTOPのイメージを作ることが多いですが、ファーストビューで大事な部分が見切れてしまうと、そのサイトがどのようなサイトなのかをユーザーに最初に伝えられません。

ホームページ制作時には、ファーストビュー縦幅も考慮しながら制作することが必要です。

まとめ

【2017年版|パソコン画面解像度シェア&HP制作に最適なサイズとは?】 上位の画面サイズはある程度のシェアがありましたが(上位3位で3,4割くらい)、全体印象としては結構ばらけていましたね。

また定期的に状況を確認しどのようにホームページが見られているかをチェックしていきたいと思います。次はスマホの画面サイズも調べたいと思います。


スポンサーリンク

contact

お問い合わせ

- contact -

お仕事の依頼やご相談はお気軽にどうぞ!お客様の商売発展の力になります

Mblog

新着記事

- new articles -

ホームページ制作やマーケティングの他にも、日々の仕事での考えや気付きなどを記事にしています