岐阜でホームページ制作、マーケティング&デザインを提供しているMWORKSです

お気軽にお問い合わせください

TEL 0573-67-8189

Mブログ

- mblog -

さてSEOとはなんでしょう?|SEO対策の基本01

公開日:2015年3月9日 : SEO

seoとは?

SEOもしくはSEO対策などという言葉を聞いたことありますか?
個人や会社でホームページやブログを運営している人は、一度はどこかで聞いたことがあるかもしれません。

「SEO対策で上位表示できます!」「SEO対策が完全成果報酬です!」など専門のサービスを仕事にしている人たちもいます。

今回の記事では、まずSEOとはなんぞや?という基本的な部分を説明する内容になります。

SEOとは?

SEOとは?

サーチ・エンジン・オプティマゼイション(Search Engine Optimization)の頭文字をとってSEOと言います。日本語では『検索エンジン最適化』という言葉になります。

ユーザーがGoogleやyahoo!などの検索エンジンを利用して検索するキーワードに対して、自分の運営しているホームページ、webページが検索上位に表示されるように最適化することをSEOまたはSEO対策と呼びます。

もう少しやさしい言葉で言いかえると、自分のホームページ(Webサイト)を見てもらいたい人により見つかりやすくする施策です。

SEOの意識を持ってサイトを運営することで、よりたくさんの人にページを見てもらうことができます。

なぜSEOは必要なのか?

SEOが必要な理由

どれだけ素晴らしいホームページができても、検索されないページでは作った意味がありません。事業・商品・サービスの情報が伝わることで、始めてそこにホームページを作った意味が生まれます。

SEO対策を意識しなくてもまったく検索されなくはないですが、せっかく費用や人材をかけて運営しているホームページならより多くの成果を上げられたらいいですよね?

SEOに取り組むということは、端的に言うと情報発信をコントロールできることです。

SEO対策の一例としては、見込み顧客が検索するキーワードをリサーチして、そのキーワードの内容に沿ったページをつくります。

そして、検索エンジン(google、yahoo!など)につくったページの内容を正しく伝える施策を行います。

検索ロボットと検索ユーザー両方に評価されるホームページにすることで、見込み顧客が数多くサイトに集まり、成果につなげることができます。

というわけで、SEO対策とは、Webを活用して成果を上げたいと思っている方にとっては、必ず必要な取り組みと言えます。

SEOに取り組むメリット

SEOのメリット

では、SEO対策に取り組むことで、具体的に得られるメリットとはなんでしょうか?

1. 見てほしい人(ターゲット)からのアクセスが増える

ホームページへのアクセスが増えることは良いことですが、自分が提供している、事業・商品・サービスを必要とする人でなければ、成果は期待できません。

本当のSEO対策は基本的な部分、サイトの設計・最適化から始まります。

例えば、街の美容院を例に挙げて、
SEO対策の設計を考えてみると。

  • 『誰に』⇒ 20代〜40代の子育て世代に
  • 『どのような情報を伝える』⇒ 託児所併設で利用できる、様々な髪の悩みに応える専門家がいる
  • 『どう行動してもらう』⇒予約の問い合わせ、来店

となります。
お店毎の特徴があるので、内容はそのお店によって変わってきますが、

誰に、どのような情報を伝えて、どう行動してもらいたいか?
このことを念頭において中身を設計することが重要です。

これに当てはめて、ターゲットが検索に使うキーワードをページの重要な部分で使用したり、ターゲットが抱えている悩みや欲求を解決するようなホームページの内容を作ったり、ブログで情報発信を行うことで、見てほしい人からのアクセスが集まるサイトに育てることができます。

上記の例では、集客を目的とする美容院を挙げましたが、たとえば、工業製品の部品を作っている会社や法人向けのサービスを提供している企業など、どんな業種でもSEOは活用できます。基本から考えるSEO施策を行えば、Webを活用して成果を上げることにつながります。

2. 狙ったキーワードで上位表示できる

上記の美容院を例に挙げて、ひきつづき説明していきます。

たとえば、ユーザーが検索するキーワードとして、
「〇〇市 美容室」「〇〇市 美容室 おすすめ」「〇〇市 美容院 託児所」「〇〇市 美容室 カラー」などで上位に運営するホームページが表示されれば、検索ユーザーからのアクセスが増えて、顧客になってもらえる可能性が高まります。

しかし、SEO対策をしなければ、見込み顧客が検索するキーワードで自社のホームページが上位に表示されるかどうかは、カンと運に任せるしかありません。

SEO対策を行えば、狙ったキーワードで上位表示できる確率は上がります
具体的な内容は、今後詳しく記事にしますので、簡単にさわりだけ説明します。

まずは、キーワードをリサーチします。見込み顧客が検索しているキーワードを知ることで対策の方向性を決めます。そしてwebページやブログのタイトル、本文にそのキーワードをバランスよく入れます。また、そのキーワードに関連する内容をコンテンツとして、分かりやすく役立つ情報としてまとめます。
(※施策は一例です。また今後の記事で詳しく説明していきます。)

施策は様々ありますが要するにSEO対策とは、
検索エンジン、訪問者、両方に自分のページが「検索キーワードと深く関係のある役立つページ」と伝わることです。
それができれば、狙ったキーワードで上位に表示することが可能になります。

3. サイト運営の意欲が上がる

アクセス解析を行えばSEO対策の効果を確認することができます。

当初の計画通りにアクセスが伸びて、問い合わせや集客につながっているかを
検証して、うまくいっている部分はそのままに、あまりアクセス数や問い合わせに貢献していないページやキーワード設定を改善することができます。

運営の結果が数字で分かるので、日々のモチベーションが上がります。
やみくもにページは増やしてみたものの、結果につながらなかったら、
運営する気持ちも途切れてしまいますよね?

情報発信を続けることは、運営するサイトの種類を問わず必ず必要な要素なので、
SEO対策の計画を立てて進めることで、サイト運営の意欲が上がって、
それがまた更によい成果を上げることにつながります。

以上
SEOの説明と、なぜ必要だと言われるのかその理由を書いてきました。

せっかくホームページを運営していくなら、やっぱりSEOを意識して運営をした方がいいですよ、というお話でした。

次回は、具体的なSEO対策の施策についての内容を書いていきます。
それでは、また見に来てくださいね。

この記事に関係する書籍


スポンサーリンク

Mblog

新着記事

- new articles -

ホームページ制作やマーケティングの他にも、日々の仕事での考えや気付きなどを記事にしています