岐阜でホームページ制作、マーケティング&デザインを提供しているMWORKSです

お気軽にお問い合わせください

TEL 0573-67-8189

Mブログ

- mblog -

Fetch as Googleの使い方_Webページをクロール(取得)させよう!

公開日:2017年3月10日 : Googleサーチコンソール

fetch-as-google使い方

Fetch as Googleとは、Googleサーチコンソールの機能の一つです。

Fetch as Googleを使用して、GooglebotにWebページをクロールさせることで、新しいページや更新されたページを検索エンジンに登録され、ページを検索結果に反映させることができます。

Fetch as Googleを使用しなくても、時間が経過するとGooglebotがクロールに来ますが、Fetch as Googleでこちらからクロールを呼び込んで、検索エンジンのインデックス(登録)を早めることができます。

また、ウェブサイトのページがGoogleでどのように表示されるかを確認することも可能です。

Fetch as Googleにアクセス

Fetch as Googleにアクセス

Googleサーチコンソールにログインして、「クロール」→「Fetch as Google」をクリックします。

クロールさせたいURLを入力

GooglebotにクロールさせたいページのURLを入力

新規作成したページ、内容を更新したページなど、GooglebotにクロールさせたいページのURLを入力します。

今回はMWORKSのブログ記事を新規作成したので、そのページのURLを入力しました。

http://mw-s.jp/google-search-console-guide/

(ドメインの後に続く、ページのURLを入力します)

PC、スマートフォンを選択

PC、スマートフォンを選択

プルダウンのメニューから、PC、スマートフォンのどちらかを選択します。選択した方のレンダリング結果を確認できます。
両方見たい場合は、一度どちらか取得した後に、もう一度同じURLを入力してもう一方を選択します。
(通常はPCで良いと思います。)

取得or取得してレンダリング

取得

クリックするとクロールのみを要求します。

取得してレンダリング

クリックすると、Googlebotがサイトをどう読み込んでいるか?を確認できます。

プルダウンのメニューから選んだ、「PC、スマートフォン」の見え方で表示されます。

クリックするとステータスが保留

クリックするとステータスが保留となるので、完了するまでしばらく待ちます。

「インデックス登録」をクリック

「インデックス登録」をクリックします。

このURLのみをクロールする

このURLのみをクロールする

入力した該当ページのみクロールを申請します。月間500件までが上限となっています。
通常こちらで良いと思います。

このURLを直接リンクをクロールする

このURLを直接リンクをクロールする

入力した該当ページに直接リンクされたページが再クロールされます。月間10件が上限となっています。

どちらか選択して、「送信」をクリックします。

結果を確認する

インデックス登録をリクエスト済み

「インデックス登録をリクエスト済み」となればOKです。クリックするとレンダリング結果の画面へ移動します。

レンダリング

レンダリング画面

①では、Googlebot が認識している画面が表示されます。

②では、訪問者がWebブラウザで表示されている画面が表示されます。

③取得できなかったリソース
Googlebot が取得できなかったページで読み込んでいるURLが表示されます。

「一時的にアクセスできません」というエラーは、時間が経つと出なくなることが多いのでしばらく様子を見ましょう。

取得

取得画面

ダウンロードされたHTTPレスポンス、ダウンロード時間が表示されます。

Google検索で結果を見てみる

「site:」とページのURLの前につけて検索すると、Google検索エンジンにインデックス済みかどうか調べられます。

Fetch as Google前

Fetch as Google前

今回のページURL「http://mw-s.jp/google-search-console-guide/」はページ公開後半日経過した状態で調べましたが、まだインデックス登録されていませんでした。

Fetch as Google後

今回Fetch as Googleでインデックス申請後直ぐに検索しみると。。

Fetch as Google後_検索結果

無事検索結果に表示されました。(インデックスまでの時間は毎回誤差があります)

まとめ

【Fetch as Googleの使い方_Webページをクロール(取得)させよう!】 でしたが、せっかく新規ページを公開したり既存ページを修正した後、そのページがなるべく早く検索エンジンに認識された方が良いと思います。

インデックス登録されないと検索結果にはいつまでも上がってきませんからね。ぜひサイト運営に活用してみてください!


スポンサーリンク

contact

お問い合わせ

- contact -

お仕事の依頼やご相談はお気軽にどうぞ!お客様の商売発展の力になります

Mblog

新着記事

- new articles -

ホームページ制作やマーケティングの他にも、日々の仕事での考えや気付きなどを記事にしています