岐阜でホームページ制作、マーケティング&デザインを提供しているMWORKSです

お気軽にお問い合わせください

TEL 0573-67-8189

Mブログ

- mblog -

会社ホームページを開設するメリット、デメリット、知らないと損です!

公開日:2015年4月18日 : ホームページ制作関連

ホームページ開設_メリット、デメリット

多くの個人事業主の方や、企業が、ホームページ(Webサイト)を持ってることが
当たり前になった現在ですが、『なんでホームページ運営してるの?』と聞かれたら、
『みんな持ってるしさ、ごにょごにょ…』となってしまう人いませんか?

または、『ホームページ作りたいけど、仕事の役に立つかな?』
と、現在お悩み中のあなた。

今回は、すごく基本的なところですが、
ホームページを持つことのメリット、デメリットを記事にしました。

ホームページ運営を始めたい方や、もっと活用したい方にとって、
参考になれば嬉しいです。

メリット

ホームページ開設_メリット

売上げアップにつながる

多くの会社が事業主の方がホームページを制作する理由は、『ホームページを開設すれば、少しでも売上げに貢献してくれるのでは?』という期待があるのではと思います。

実際に、ホームページの目的を明確にして、目標を立てて運営している企業は、売上げアップにつがなる成果を上げてます。

ホームページを持てば、必ず売り上げアップにつながるわけではないですが、
実際の商売と同じように、手をかけて、ユーザーの行動につながる設計と運営をしていけば、売上げアップにつながるホームページをつくることが可能になります。

集客につながる

店舗経営をされている方にとって、どうしたら集客できるのか?ということをいつも考えていると思います。

店舗集客には、コンテンツはもちろんのこと、サイトの使いやすさが重要です。

ホームページをスマホ対応もしくは、マルチデバイス対応にして、外出先からのアクセスでも必要な情報が見やすく、伝わるレイアウトしましょう。

どのページからでも、電話できるボタンの導線設計は必須です。

また、SNS(Facebook、Twitter)などで、普段からまめに情報発信をして、忘れられないようにしておくことも必要です。(必要なときに思い出してもらう)

ホームページとSNSなどその他のツールをうまく連動させることで、
集客につながるホームページを作っていきます。

問い合わせを増やせる

『ホームページからの問い合わせを増やして、商談につなげたい!』
思っている企業の方も多いと思います。

ホームページから問い合わせをもらえれば、営業コストはかかりませんし、
すでに自分たちに興味をもっているお客様なので、
購買意欲の高い見込み顧客となります。

問い合わせを増やしたい企業にとって、
ホームページが担う役割は、最初の入り口です。

問い合わせをしてもらい、商談に進むことが、ホームページの目的となります。

その為には、SEO対策、コンテンツ、問い合わせへの導線を磨き上げることが必要です。

問い合わせを増やすという目的を達成するために、
適切にホームページ運営ができれば、『問い合わせを増やす』という成果を上げることができます。

お客様からの信頼を得られる

インターネットがインフラのように整った現状では、多くの人が、パソコンやスマホで情報を探しています。
企業や事業主にとって、ホームページを開設していることは一般的になっています。

新しい会社との取引、外食のお店選び、など
生活に関わる多くの場面でインターネットが活用されています。

見込み顧客が企業名や商品・サービス名で検索したときに、
そのホームページが表示されて、必要な情報、価値ある情報がそこに用意されていることは、
それだけで、お客様からの信用や信頼を得ることができます。

同じサービスを提供している会社があった場合、
ホームページのある会社の方が、やはり信頼感や安心感が持てますよね。

また、ホームページに自社の特徴・実績・強みなど訪問者に伝わるようにしっかりページを作ることで、その情報を受け取った方に対して、「これだけしっかりとした内容を説明されている会社・サービスであれば信頼できそうだ!」という信頼も得ることができます。

営業が必要ない

営業が必要ない = ユーザーが検索して見つけてくれる

ホームページからの問い合わせに営業は必要ありません。
24時間いつでもアクセス可能です。

上記に書いてきた、売上げアップや、問い合わせを増やすためのホームページ設計・運営、適切なSEO対策を行っていれば、お客様は自ら検索をして、あなたのホームページを見つけてくれます。

しっかりと準備して、商売と同じように手をかけておきましょう。

ホームページが営業マンになってお客様が集まってきます。

営業ツールとして利用できる

ホームページに必要な情報、見込み客にアピール出来る内容、役立つ内容をのせてあれば、
それを営業ツールとして使うことができます。

会社パンフレットや営業資料が手元になくても、
お客様との打ち合わせのなかで画面を表示しながら説明することも可能です。

また、ページを作り込んであれば、そのページをプリントアウトして
お客様に提出するという使い方もあります。

web上だけではなく、実際の現場で使えるツールとして設計すれば、
ホームページを営業ツールとして、活用することも可能です。

自社で情報を発信できる(ブログ運営)

現在のホームページ事情として、ブログシステム(CMS、Wordpressなど)を導入する会社がとても多いです。

ブログシステムを導入すると、インターネットにつながっているパソコン・スマホがあれば、いつでもどこでも情報を公開することができます。

更新にコストはかかりませんし、簡単な操作で、どんどん見込み顧客にとって価値のある情報を発信していけます。

Webページの内容を補足するような、専門性の高い自社の事業に関わる内容を更新していくことで、プロとして顧客から信頼を得られます。

またページが増えていくことで、HPの入り口が増えアクセス数も上がっていきます。

お知らせブログとしてのみ使用している企業も多いですが、ブログはもっと役に立つ可能性を秘めています。(この記事も弊社のブログシステムを使って投稿しています。お役に立てていますでしょうか?)

※2016年10月現在、MWORKSのホームページは月間30,000PV以上のアクセスがあります。

社内教育にも利用できる

上記ブログ運営の続きです。
ホームページのブログ運営は、お客様に対して、だけではなく社内教育などにも向いているツールです。

企業の代表やリーダーが考えていること、仕事に対する思いなどを、
ブログで発信することで、『うちの会社のトップはこんなことを普段考えているのか』
と普段あまり話す機会のない社員にもその会社の姿勢みたいなものが伝わります。

その他にも、ページ、ブログ記事を作成する担当を様々なスタッフが行い会社全体でホームページを作っていくことで、
仕事への理解やモチベーションに繋がります。

ブログをうまく活用することで、
会社で一致団結して同じ方法へ向かった進んで行くという
キッカケを作ることが、可能になります。

求人募集に活用できる

最近会社を経営されている方から、人が足りないという話をよく耳にします。

ホームページを開設することは、優秀な人材を採用することにも活用できます。

特に医療業界では、求人募集に力を入れているホームページが多く、
特設サイトをつくっている所もあります。

仕事を探している立場の人からすると、企業の情報を知る方法は、企業ホームページ、求人情報サイト、ハローワークでの情報などを基にして、面接に応募するか否かを判断します。
ホームページが開設されており、尚且つ必要な情報がしっかり掲載されていれば、それだけ優位になります。

さらに、実際働いている人の声や仕事の内容、職場の雰囲気などが、ホームページ上で事前にわかれば、それを理解した上で働きたいと思ってくれた意欲の高い人材が集まります。そして、そういった人は、離職率も低くなる傾向にあります。

ハローワークの担当者に聞いた話でも、同じ職種や条件の会社が合った場合、
ホームページを開設している会社の方により多くの面接希望者が集まるとのことです。

求人募集にもホームページを積極的に活用していきましょう。

SNSと連携できる

最近では、SNS(Facebook、Twitter)などを活用している企業も一般的になっています。
自営業の方など規模の小さな事業をされている方は、Facebookページしか持っていないという方もいるかと思います。

SNSは気軽にお客様とつながれる便利なツールですが、あまり文字数が増えると読んでもらないですし、タイムラインで情報が流れていってしまうので、ホームページと比べると、使い勝手に問題があります。(そもそも役割が違うので仕方ないですが)

やはり、自分で利用していても、公式ホームページでしっかりと企業や事業の情報を伝えて、SNSとうまく連動させるということが、1番よい運営方法だろうと感じます。

SNSでお客様とコミュニケーションをとる合間に、会社や商品の新着情報、ブログの更新情報を流すことで、しっかりとした情報を用意したホームページアクセスしてもらい、商品・サービスの利用につなげましょう。

反響を確認できる

チラシ、その他紙広告、ラジオ、TVなどの従来の広告では、その反響や効果を計ることは難しいです。
しかし、ホームページでは、アクセス解析を導入することにより、どんなユーザーが、どのページ、どんなキーワードを使って、どれくらいアクセスしたのを、詳細に知ることが可能です。

ホームページのアクセス解析をもとにして、内容を改善していくことによって、
正しい方向へホームページをつくっていくことができます。

また、そういった状況がいつでも確認できることにより、
運営のモチベーションになりますし、次やるべきこともそこから導き出せます。

デメリット

ホームページ開設_デメリット

多少コストがかかる

当たり前ですが、ホームページ運営にはコストがかかります。
しかし、デリットと言える程の金額ではありませんが
一応書いておこうと思います。

必ず必要になってくる費用は、サーバー、ドメインの利用料です。
サーバーは場所代です。ホームページのデータを置いておく場所ですね。
ドメイン代は住所代です。『abc-design.jp』のような住所を取得して、
それをサーバーに設定することで、ホームページが見られるようになります。

サーバー代は安くて500円(月額)からで、容量やスピートによって変わります。
一般的な企業サイトであれば500円〜1000円のサーバーで問題なく使用できると思います。
アクセスが増えてくると、もっと良いサーバーが必要になってきます。

ドメイン代はドット〇〇(.jp .com .net .biz)の種類によって費用が変わります。
ピンキリで0円〜になりますが、一般的に.jpドメインであれば、3000円(年額)程度てしょうか。

これは自分で設定した場合なので、制作会社に委託するばもう少し費用がかかります。

運営のノウハウが必要

ホームページを作成することは、無料のサービスや格安業者などを利用すれば、比較的に簡単に、コストも安く作成することができます。

しかし、ホームページはとりあえず開設しただけでは、成果を上げることは難しいです。

基本的なところで言うと、サイト設計、SEO対策、コンテンツ作成、運営ノウハウなどがないと、とりあえず持っているだけで、売上げアップにも問い合わせもつながらないホームページなってしまします。

公開後の活用ができない場合がある

よく見かけられる例として、ホームページ公開当時は、新着情報やブログの更新などされているのですが、何年か立つと更新は殆どなくなってしまい、放置されています。

ホームページの更新ができなくなってしまう理由として、『今行っている作業が成果につながっているかが分からない』ということがあると思います。

『やってもやらなくても同じじゃない!』という気持ちになれば、確かにやる気もなくなってしまします。

成果を上げるためには、事前に計画を立てて、その効果を確かめながら運営していくことが必要です。
正しい方向がわからないと、前に進むことができなくなります。

担当者が必要になる

個人事業主の方や中小企業では、ホームページの運営に担当者をつけられないということが多々あります。単純に今の仕事が手一杯な場合やPCやインターネットに不慣れな方が多いなどの理由もあります。

ホームページを運営して、成果を上げるには、継続的に運営していくことが必要なので、
担当者がいないとなると、私達のような専門業者に運営を相談するのも1つの方法です。

自社に合ったホームページ制作会社が見つからない

ホームページ制作会社と検索すると、とてもたくさんの会社が検索にヒットします。
専門知識がない方は、『こんなにたくさんある中から1つ選ぶにはどうしたらいいのか…』と途方に暮れ、そっとウィンドウを閉じるでしょう…。

そんな時はまず自社が、ホームページに望む目的を書き出すと良いと思います。

売上げを上げたい、問い合わせを増やしたい、求人募集に力を入れたい、アクセス数を増やしたいなど、まず目的を明確にして、それを実現してくれそうな会社から話を聞いてみると良いです。

その次は、絞った業者から、場所が近い、実績がある、気軽に相談できそう、費用対効果が高そう(コストが安く、サービスも良い)など、ビジネスを円滑に進められそうな相手を選ぶことで、きっとあなたにぴったりな制作会社が見つかるはずです。

悪質業者に注意が必要

上記にも書きましたら、とてもたくさんの業者がいますから、悪質業者には注意が必要です。
制作費無料で管理費用がとても高い、リース契約で総額何百万の支払いになるなどの被害を聞きます。

ホームページ制作費用や管理費用は、一応の相場はありますが、
それぞれの会社が自由に決めることができるものです。

ちょっと怪しいなと感じたら、複数の会社で見積もりをとってみるなど、
事前に相場や最低限のした調べはしておきましょう。

まとめ

ホームページ運営は、まじめにやれば、メリットしかない!と私は思っていたので、
記事にする必要するかどうが、迷いましたが、書き出すととても長い記事となりました。

そして、あらためて文章にすることで再確認できたことが多々ありました。

ホームページ開設のメリット・デメリットについて、
人に聞かれたら、私も自信を持って話せそうです。

この記事が皆様のよきホームページ運営の助けになれば幸いです。

それではまた。


MWORKSではもちろん、この記事で取り上げたホームページ制作・運営の『メリットを活かして、デメリットなくす』サービスを提供しています。

『ホームページを開設したいけど、どこに頼めばいいかわからない…』
『自社で運営しているが、成果がぜんぜん上がらない…』など、
お困りの点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話、メールフォームFacebookページTwitterから、お好きな方法でどうぞ。

【MWORKSでは、個人事業主の方、中小企業の商売の役に立つサービスを提供しています。】

ホームページ制作の内容はこちら >>


スポンサーリンク

Mblog

新着記事

- new articles -

ホームページ制作やマーケティングの他にも、日々の仕事での考えや気付きなどを記事にしています