岐阜でホームページ制作、マーケティング&デザインを提供しているMWORKSです

お気軽にお問い合わせください

TEL 0573-67-8189

Mブログ

- mblog -

インターネットとホームページの仕組み(図解付)

公開日:2015年4月25日 : ホームページ制作関連

インターネットとホームページの仕組みとは?

今回は、ホームページ(ウェブサイト)を見ることができる仕組みを解説したいと思います。

インターネットが普及して、生活に欠かせなインフラとなっています。
ショッピングに道案内、音楽に旅行の予約、勉強に仕事、どのような場面でも利用されています。

けれど、『なぜパソコンやスマホでホームページが見ることができるのか?』
よく分からずに使っている人も多いと思います。
詳しく知らなくても使えてしまう、とても便利な発明ですが、
今回は、インターネットを利用して、ホームページが見られる仕組みを簡単に説明していきます。

ホームページはなぜ見えるか?

ホームページはなぜ見える?

利用する場面の図を使って説明していきます。

まず、利用者がWebブラウザにURLを入力します。
(リンクをクリックでも同じです。自動的にブラウザがリンク先のURLを探します)

①URLの場所を探す
webブラウザがインターネット上にあるたくさんのwebサーバーから、
入力された場所を探します。

②Webサーバーに保存されているデータが、Webブラウザ画面に表示される
WebサーバーのURLに置かれているデータ(HTML、CSS、JS、画像など)を
パソコン、スマホに送信する(読み込む)ことで、画面に記述されたデータを表示します。

『URLという住所』が『webサーバーという土地』に割当られている
と考えると分かりやすいでしょうか。

以上、

なんとなく、予想できた内容かと思いますが、
URLとサーバーこの2つが紐づけられていることで、
Webページを見ることができます。

ここまでで、簡単バージョンの説明は終わりです。
しかし、正確な内容となると、もうすこし説明を続けないといけません。

ここらからは、すこしだけ難しくなりそうなので、
『詳しい内容を知らなくても、ネットは使えるからいりません!』
という方は、時間の無駄になるかもなので、ご注意ください。
(なるべく簡単に説明するつもりですが)

ホームページが見える仕組み

上記では簡単に、なぜホームページが見えるか?を説明しました。
しかし、実際はもうすこし手順があります。
(上記の内容はここで説明する③④に当たります)

ホームページが見える仕組み

  • ①パソコンやスマホのwebブラウザでURLを入力するとDNSサーバーにIPアドレスを問い合わせる
  • ②DNSサーバーからIPアドレスが送信される
  • ③送信されたIPアドレスをwebサーバーに問い合わせる
  • ④webサーバーに保存されているデータを読み込みwebページがブラウザの画面に表示される

厳密には、この図のような手続きがなされて、
ホームページを見ることができます。

上記の図、①~④の内容を踏まえて、
下記の専門用語(ドメイン、URL、IPアドレス、DNSサーバー、WEBサーバー)の説明を読んでもらえれば、
インターネットでホームページが見える仕組みが、理解できるはずです。

その前に、ドメインとURLについて

ドメイン

ドメイン(domain)とは、領域、範囲、などの意味を持ちます。

ITの分野では、インターネット上での住所のようなものです。

ドメインはすべてが固有の文字列です。
同じドメインは存在しません。
(同じ住所が、複数あったら訳がわからなくなります)

選ぶ人は自由に希望のドメインを契約できますが、
既に取得済みの文字列は使用することができません。

ドメインの文字列とは、このサイトで示すとmw-s.jpの部分です。
例えばヤフーなら、yahoo.co.jpです

末尾も様々あり、.com .net .biz  .jp .co.jp 他多数
自由に選ぶことができます。

URL(ユーアールエル)

Uniform Resource Locator(ユニフォームリソースロケータ)の頭文字。

日本語では、統一資源位置指定子(とういつしげんいちしていし)と言うそうです。
(漢字だけだと、意味不明すぎる…)

このURLもドメインと同じように、web上の住所と説明されることが多いですが、
ドメインとは違います。

URLは、ドメインも含んだ、http:// の最初の部分から
最後の / までのことです。

このサイトで示すと、
http://mw-s.jp/homepage-internet-mechanism/になります。

つまりURLは、web上にあるwebページ、アップロードしてある画像、ファイルの場所まで
含んだ文字列ということになります。

例えるなら、ドメインはマンションの住所、URLは部屋番号と住人の名前まで含む情報、的な所でしょうか。

IPアドレスとは?

上図の項目①では、webブラウザでURLを入力すると、DNSサーバーにIPアドレスを問い合わせるとあります。

ドメインは住所との説明がありましたが、インターネット上(コンピューター)では、
ドメイン毎に割当られたIPアドレスを使って、アドレスの場所を識別しています。

(ちょっと分かりづらいですね…)

実際に確かめてみるとわかりやすいです。

yahoo!のホームページのドメインとIPアドレスを下記に書いてあります。
検索ボックスに入力してアクセスしてみてください。

下記のIPアドレスを入力しても同じyahoo!のページが表示されるはずです。

【ドメイン】
yahoo.co.jp

【IPアドレス】
http://183.79.135.206/

このように、本来コンピューターは、IPアドレスを使って場所を特定しています。
ではなぜドメインが存在しているのでしょうか?

それは、数字の羅列では、人がアドレスを識別しづらいからです。

すべてのサイトが、ドメインではなく、
IPアドレス(数字だけの文字列)を利用していたら、かなりわかりづらいですよね?

IPアドレスにドメインを割り当てることによって、それがどのようなサイトなのか?
推測することが可能ですし、それぞれのアドレスの見分けもつきやすくなります。

インターネット上では、そんな我々人間が識別しやすいようにドメインとIPアドレスを使って、場所を特定する仕組みが使われています。

DNSサーバーとは?

上図の項目②では、DNSサーバーからIPアドレスが送信されるとあります。

DNSサーバーとは?Domain Name System(ドメインネームシステム)の頭文字をとってDNS(ディーエヌエス)サーバーと言います。

このDNSサーバーは、ドメインとIPアドレスを結びつける役割を果たしています。

インターネット上のすべてのサーバーには、IPアドレスが付けられています。
しかし、実際画面上で、人がアクセスに使用しているはドメインとURLです。

この、人のために分かりやすい文字列を使用したドメインと、
実際のインターネット上で使用されているIPアドレスを、
紐づける役割を果たしているものがDNSサーバーになります。

Webサーバーとは?

上図では、③送信されたIPアドレスをwebサーバーに問い合わせる、④webサーバーに保存されているデータを読み込みwebページがブラウザの画面に表示されるとあります。

webサーバーとは、テキスト、画像、動画などのデータが保管されており、
外部からのアクセスによってその情報を送信するコンピューターです。

外部コンピューター(僕たちのはパソコンやスマホなど)のwebブラウザからのアクセスによって、要求されたデータを送信する役割を果たしています。

平たく言えば、ディスプレイのないコンピューターで、一般のパソコンと持っている仕組み自体は変わりません。

『データが保管されており、外部からのアクセスによってその情報を送信するコンピューター』という役割を果たしているコンピューターを、『webサーバー』と呼びます。

DNSサーバーから取得した、IPアドレスを基にWebサーバーを探すことで、
最終的に、ブラウザの画面にwebページが表示されます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
基本的な部分のみですが、インターネットとホームページの仕組みを説明してきました。

インターネットは、ドメイン、URL、IPアドレス、DNSサーバー、WEBサーバーの仕組みによって、便利に利用することができます。

次回は、Webサーバーに置かれているホームページのデータ(HTML、CSS、JS、画像など)がどのように、Webブラウザの画面に表示されるか?を記事にできればと思います。

それではまた。

ホームページを公開するために必要なレンタルサーバーはエックスサーバーがおすすめ。WordPressサイトの表示が速くて管理画面も使いやすいのでMWORKSではよく利用しています。

http://www.xserver.ne.jp/




スポンサーリンク

Mblog

新着記事

- new articles -

ホームページ制作やマーケティングの他にも、日々の仕事での考えや気付きなどを記事にしています