岐阜でホームページ制作、マーケティング&デザインを提供しているMWORKSです

お気軽にお問い合わせください

TEL 0573-67-8189

Mブログ

- mblog -

Xserverで初期ドメインから独自ドメインへ変更する方法

公開日: : サーバー

Xserverで初期ドメインから独自ドメインへ変更する方法

xserverで管理しているサイトのドメインを変更する方法を記事にしました。

エックスサーバーではドメインごとにホームページ公開フォルダが異なっており、これを変更することはできません。
(なので、ドメイン名だけ書き換えてという方法では変更できません)

それほど難しくはないのですが、忘却録として残しておきます。

新ドメインを設定

変更したいドメインを取得しておきましょう。今回はバリュードメインで取得したドメインを使用します。

バリュードメイン管理画面

ログインしてドメインを選択

ドメインを新規取得するか、すでに取得してあれば該当のドメインを選択します。

ドメイン取得or選択

ネームサーバーを変更

ネームサーバーをxserverの情報に設定すれば準備完了です。
(ドメイン管理業者はどれを使用しても問題ありません)

ネームサーバーを変更

WebサイトのファイルをFTPでダウンロード

WebサイトのファイルをFTPでダウンロード

変更するWebサイトのファイルを、FTPでローカル(PC)にダウンロードします。

xserverでは、ドメイン直下のファイルは「public_html」になるので、この内容をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをアップロード(.htaccessを除く)

新サーバーにアップロード

Xserver管理画面で新ドメインを設定したサーバーに、上記でダウンロードしたファイルをアップします。

新ドメインを設定したサーバーにダウンロードしたファイルを「public_html直下」にアップします。
(元サーバーと同じ階層にする)

この時、public_html直下にある「.htaccess」のみアップロードしません。

※移行先のpublic_html直下に以下に挙げるデフォルトドキュメントのファイルがある場合は削除が必要です。
「index.html」「index.htm」「index.shtml」「index.cgi」

上記ファイルがあると、先に上記のファイルが読み込まれるので、トップページが正常に表示されません。

移行先の新ドメインへアクセスし、表示内容を確認

上記完了後、新ドメインへアクセスし、表示される内容を確認します。

WordPressのトップページのみ適切に表示され、下層ページへのリンク先が「初期ドメインのアドレス」となっていれば、ここまでの作業は正常に完了しています。

リダイレクトされて元サイトのURLでTOPページが表示されている場合もあります。(この場合もこのまま次の工程へ進みます)

元ドメインのWordPressでURLを変更

元ドメインのWordPressでURLを変更

元ドメインのWordPressにログインして、「設定→一般」より「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」のドメイン個所を移行後の新ドメイン名へ変更して保存します。

※保存後は元ドメインではログインできなくなります。

表示確認

新ドメインでアクセスして確認しましょう。TOPは表示されているが、下層ページなどが表示されない場合があります。

パーマリンク_「変更を保存」ボタンをクリック

その場合は管理画面にログインして、「設定→パーマリンク」ページで、表示されている内容のママで何も変更せず「変更を保存」ボタンをクリックすると正常に表示されているはずです。

パーマリンクの変更を保存ボタンをクリック

それでも表示されない場合

public_html直下にある「.htaccess」をダウンロードして中を確認します。

開いてみて、元のドメイン名になっている箇所があった場合は、新ドメイン名に書き換えます。

.htaccessを書き換える

.htaccessで301リダイレクト(古いサイトから転送)

301リダイレクトとは、「サイトのドメインやURLが恒久的に変わりましたよ」と検索エンジンに伝える設定です。
(ちなみに302リダイレクトは、一時的な転送)

もし古いURLやドメインにアクセスがあっても、リダイレクト(転送)を設定しておけば新しいサイト、ページに自動的に転送してくれます。

SEO的にも大事なのでぜひ設定しておきましょう。

「http」から「https」に転送

今回はhttpsのサイトにしたので、httpsの301リダイレクトも設定しています。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

旧ドメインから新ドメインに転送

旧ドメインをoldの個所に記述、新ドメインをnewの個所に記述します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.old\.com$
RewriteRule ^(.*)$ https://www.new.com/$1 [R=301,L]

記入画面

.htaccessで301リダイレクト記入例

「.htaccess」設定後は、ブラウザでリダイレクトされているか確かめてみましょう。httpでアクセスしてもhttpsに転送されるか?

旧ドメインにアクセスすると、新ドメインに転送されるか?などチェックしておきましょう。

参考サイト

xserverよくあるご質問

https://www.xserver.ne.jp/support/faq/faq_service_hp_wp.php#08


スポンサーリンク

お問い合わせ

- contact -

お仕事の依頼やご相談はお気軽にどうぞ!お客様の商売発展の力になります

新着記事

- new articles -

ホームページ制作やマーケティングの他にも、日々の仕事での考えや気付きなどを記事にしています

SNS

- SNS -

MWORKSで開設しているSNSです。気軽にいいね!フォローなどしていただけると嬉しいです