岐阜でホームページ制作、マーケティング&デザインを提供しているMWORKSです

お気軽にお問い合わせください

TEL 0573-67-8189

Mブログ

- mblog -

まずは見出し、簡単ブログ記事作成、3つのステップで完成

公開日: : ブログ活用

まずは見出し、簡単ブログ記事作成、3つのステップで完成_見出し画像

ブログ記事を書こうと思うと気持ちが重くなることがあります。

私はブログ記事の作成が仕事に含まれるので、定期的に書いていますが、何年経っても「めんどくさいな〜」と思うことがあります。

そんな時に文章を書くためのハードルを下げるにはどうしたら良いのか?と考えました。

文章を書くのが苦手な私でも、ルールに沿ってブログ記事を作成すればスムーズに記事を完成させることができます。

今回は3つのステップ。最低限必要な項目はなんだろうか?と考えて、たったの3つに絞りました。 

過去記事紹介

以前、ブログ書き方9の手順という記事を書きました。
こちらも何かの参考になれば幸いです。

ブログをスラスラ作成!枠組みを使ったブログ書き方9の手順

ブログ記事、何を書けばよいのやらと、パソコンの前で考え込んでしまうことがあります。そんな時に活躍するのが、『書き方の手順を決めておく』という方法です

タイトルだけ決める

まずタイトルだけ決めましょう。長い文章を書く必要はないので思い立ったらすぐ書くことができます。

メモ帳、テキストファイルなどに、今後書きたい記事タイトルを思いついた際にメモで貯めておけば、いざ記事を書く際にネタを一から探す必要がありません。

作業時間もすぐ終わるので、細切れの空き時間を活用できますし、記事タイトルを書いただけでも、仕事をした達成感が生まれるので、自分にとって満足度もあります。

タイトル発想方法

まず初めにブログ記事のタイトルを決めましょう。「こんなことを書きたいな」「お客さんにこんな情報を提供したら喜ばれそうだな」という発想でOKです。

その他にも、「過去自分が困っていたこと」「プロならではの豆知識」「業界の新情報、新常識」「〇〇とは。問題を解決するお役立ち情報」など。

過去記事紹介

ブログ記事タイトルの決め方_企業・事業HPブログ用

EO対策的な観点と、人が見た際にクリックされやすい、また記事内容とマッチしているタイトルの作り方についてまとめています。

見出しを決める

その次は、ブログ記事内で使用する見出しを決めましょう。

数に決まりはないですが、最低3つあれば記事として成立すると思います。

1つ見出しに対して、文字数を1000文字程度にすれば、3000文字のブログ記事が完成します。

『記事の内容を見出しの数(最低3つに)分割する』という方法です。

この内容が書かれていれば、記事内容を説明しきれるな。というポイントを見出しとして使うと良いです。

あとは時間がある時に見出しの文章を書く

ここまで、タイトル、見出しと決めてきました。

あとは見出しに対する文章を書いていけば完成です。

一つの記事で、3000文字の文章を書いてください。と言われるとハードルが上がりますが、

ある項目を1000文字で文章としてください。それを3つ作ってください。

と言われた方が、一気にハードルが下がります。

1000文字はあくまで例ですので、必ずその文章量が必要かは、記事の内容によります。

もっと少なくてOKかもしれませんし、逆にもっと必要になるかもしれません。

まず書いてみる、一度で完成しなくてOKです。

一度書き始めてみると、下調べや調査が必要な場合も出てくると思います。

その場合はまた後日作業すればOK。一度で終わらせようと思うと、腰が重くなってしまいます。

フットワークを軽く、できる時間に進めるだけ書いて文章を作成していきましょう。

まとめ

【まずは見出し、超簡単ブログ作成法、3つのステップであっと言う間に完成】

自分の方法ができると、それが習慣となり回数を重ねる毎に簡単になります。

3つのポイントがクリアできれば記事が完成すると思うと、気持ちが軽く取りかかれます。

ゲームをクリアするような感覚で取り組んでみてください。


スポンサーリンク

お問い合わせ

- contact -

お仕事の依頼やご相談はお気軽にどうぞ!お客様の商売発展の力になります

新着記事

- new articles -

ホームページ制作やマーケティングの他にも、日々の仕事での考えや気付きなどを記事にしています

SNS

- SNS -

MWORKSで開設しているSNSです。気軽にいいね!フォローなどしていただけると嬉しいです