岐阜でホームページ制作、マーケティング&デザインを提供しているMWORKSです

お気軽にお問い合わせください

TEL 0573-67-8189

Mブログ

- mblog -

ホームページ良い例、悪い例7つ。新規制作、リニューアル、運営チェックに

公開日: : ホームページ制作関連

less-access-website-cover

ホームページの制作・運営がうまくいっている場合とそうでない場合に、共通するポイントがあります。

ということは、そのポイントをしっかり押えておけば、ホームページ制作・運営はうまくいくという条件になります。

逆にこのポイントをクリアできていないと、ホームページを活用して成果につなげることが難しくなります。

このポイント7つ、良い例、悪い例として、まとめました。

その1 目的、ゴール設定

良い例:目的がはっきりしている。(集客、販売)

ホームページ制作で何が一番大切か?と聞かれれば、目的と答えます。

ちなみに、ホームページを制作・公開することは目的ではありません。

Web上にHPを公開することでどのような結果を得たいのか?が目的になります。

商品を直接売りたい、実店舗に集客したい、BtoBの商売なのでまずは問い合わせを増やしたい。

このような具体的な実益を目的として設定する必要があります。

目的が設定できれば、見てもらいたいターゲットはどのような層になるのか?

それに対してどのようなページ、構成、デザインが必要か?

具体的な仕様を考えることができます。

ゴールを設定することで、何が必要か?が明確になるので、成果の上がるホームページとして活用できる確率を上げることができるのです。

悪い例:ゴール、目的がない

目的、ゴールを決めずにホームページを公開しても、成果を上げることはできません。

ただ会社の概要だけ掲載されている、なんとなくかっこいいデザインであればOK等々。

スタートから終わりまで、すべての選択がなんとなくで進んでしまいます。

誰に見てもらいたいのか?ターゲット設定も曖昧なままだと、情報は誰にも刺さらないホームページが出来上がります。

また目的が設定されていないと、SEOやキーワード設定も曖昧になるので、そもそも検索されない、アクセス数の少ないホームページに。

まず目的を明確にして、それを達成するには何が必要なのか?考えることが必要です。

時間もお金もかけて制作・運営するものですから、活用できなかったらもったいないですよね。目的からスタートするHPを作りましょう。

参考ページ

■ホームページに目的は必要?代表的な例8つ
https://mw-s.jp/homepage-purpose/

■会社ホームページを開設するメリット、デメリット、知らないと損です!
https://mw-s.jp/homepage-merit/

その2 情報の整理・質、動線

良い例:情報がわかりやすく整理されている

ホームページ内で、ページ情報がわかりやすく整理されていることで、ページ間の移動がスムーズになります。

そのためには、掲載情報をまとまったグループに分けて、階層化することがおすすめです。

本の目次のような要領で、情報をページにまとめることで、使い勝手のよいホームページになります。

ユーザーが感じるサービス、商品に対する疑問・不安を、ホームページ内で情報を提供することで解決することが、Webページの役割になります。

また連絡先の動線も大切なポイントの1つです。

問い合わせフォーム、電話番号など、連絡するまでの動線をわかりやすくすべてのページに設置しておくことで、スムーズに問い合わせ・購入につなげることができます。

悪い例:煩雑、階層化されていない

掲載するページが並列に、ただ並べてあるだけになってしまうと、非常に使いづらいホームページになってしまいます。

商品、サービスについて、欲しい情報がどこにあるのかわからず、最悪ページを閉じられることに。

関連の情報はまとめる、重要なページは優先順位をつけて、目立つ場所にリンクボタンをおきましょう。

問い合わせフォームなど連絡先は必ず全ページに入り口を設置して、ユーザーがサイト内で迷子にならない構成が必要です。

参考ページ

■会社用HPは本をつくるイメージで。内容を分類・階層分けしてつくる!
https://mw-s.jp/website-class-hierarchy/

その3 独自ドメイン、常時SSL化(https化)

良い例:独自ドメインでhttpsのサイトで運営する

現在では必須の条件になっていますが、対応していないサイトもまだ見かけます。

今から新規作成、リニューアルを検討しているなら、必ずhttpsで始まるURLでサイトを運営しましょう。

常時SSL化とは、暗号化通信をするための設定です。

ホームページの全ページを、httpsで始まるURLでサイトを公開することで、個人情報の流失やサイトのなりすまし被害などを防ぐことができます。

また、ドメインはできれば独自ドメインでサイトを運営しましょう。

ドメインとは、aaaaaa.jpといった、URLの文字列を独自の文字列で運営することです。(共有ドメインはNG)

悪い例:共有ドメイン、httpでのサイト運営はバツ

良い例で説明したように、『https』でサイトは運営しましょう。『s』が末尾についていない『http』で運営することは現在のWeb環境に適していません。

Googleが推奨しており、検索順位の結果にも多少影響がある要素となります。(httpsの方が良い影響がある)

また、ドメインは共有ドメインでの運営もおすすめできません。

無料サービスで、適当にホームページを作ってしまうと、おそらくそのサービスの共有ドメインになっていることが多いです。

無料サービスでも多くが、独自ドメイン設定ができるので、別途オプションで有料な場合が多いですが、大した金額でもないので、独自ドメインでサイトを運営するようにしましょう。

独自ドメインのホームページは、しっかりしたサイトであるという印象を持たれます。

共有ドメインでは、住所を間借りしている状況になるので、公式的なサイトに見えづらいです。

検索エンジンにも独自ドメインの方が、検索結果に表示されやすメリットがあります。

参考ページ

■Webサイトのhttps化(SSL)した?暗号化通信の必要性とは?
https://mw-s.jp/website-https-ssl/

■Xserverで初期ドメインから独自ドメインへ変更する方法
https://mw-s.jp/xserver-domain-change/

その4 スマホ対応

良い例:スマホ対応済み

スマホがインフラになった現在、ホームページはスマホで閲覧されてた際に見やすいレイアウトで表示させることが必須です。

今から新規HP制作、リニューアルを行う場合は必ずスマホ対応のホームページにしましょう。

悪い例:PCレイアウトしか用意していない

PCデザインのみのサイトは、スマホでアクセスした場合、非常に見辛いです。

文字が小さく、ズームしないと読むことができません。

ページを移動する際も、ボタンが小さすぎでタップがしづらく、誤タップも起こります。

そもそも見づらすぎて、せっかくアクセスされたユーザーもそのまま別のサイトへ移動してしまうことが多いです。

機会損失でしかないので、せっかくホームページを公開しているのであれば、スマホ対応は対応しておきましょう。

参考ページ

■レスポンシブデザインとは?今最適なスマホ対応の方法
https://mw-s.jp/what-rwd/

■スマホとPCで検索順位が違う?モバイルファーストインデックスに備えよう
https://mw-s.jp/searchrank-smartphone-pc/

その5 デザイン

良い例:時代に合わせたデザイン、見やすいデザイン

あまりに古臭く感じるデザインの場合、どうしても商品・サービスの信頼も落ちてしまいます。

せっかく良い商品を提供していたとしても、イメージ面でマイナスがあるともったいないです。

人は文字情報だけでなく、視覚情報からも多くの情報を受け取っています。

過剰さ、奇抜さは必要ありません。最低限、現在の時代に合わせたデザイン、読みやすくわかりやすいレイアウト。

そんなホームページデザインにすることで、見込み顧客からの信頼を得ることができます。

悪い例:デザインが古い、文字が小さい

性格も良い、仕事もできる、でも服はボロくて古臭い。付き合ってみればいいやつかもしれませんが、それ以前の段階で深い関係には進みません。

古いホームページを人に例えるとこんな風になるでしょうか。

見ず知らずの方にまず自分のこと(会社、商品、サービス)を知ってもらう所がスタートです。

デザインが古くで見づらい、文字が小さくて読みづらい。そんなホームページでは、せっかくのあなたの商品が台無しです。

ホームページはWeb上であなたの会社、商品とお客さんをつなぐ役割を担っています。

人付き合いと同じで最低限のマナーを整えたデザインで制作・公開しましょう。

その6 更新しやすさ、頻度

良い例:定期的に更新されている

定期的に更新がされているホームページは事業がうまくいっている、中の人が顔が見えるといった好印象を持たれやすいです。

また定期的に更新することによりアクセスされる入り口が増えることになります。

ただし、情報量の少ないページをたくさん増やすことは、あまり意味が無いので注意が必要です。

以前書いた記事があるので、詳しくは下記を参照ください。

参考ページ

■ブログの更新頻度、文章量。増やすならどちらが効果的か?
https://mw-s.jp/sentence-increase/

悪い例:作って終わり、更新が止まっている

更新できる仕組みがある場合、更新が止まっているとホームページがあるが会社の事業がしっかり行われているのか? 疑問に思われる可能性があります。

もし更新できない事情があるなら、そもそも新着情報なども表示をなくしてしまったほうが良いと思います。

ブログなどが更新できなくても、制作実績や商品情報などは、できる限り最新の情報を更新しましょう。

その7 ページの表示速度

良い例:早いのがやっぱり良い

ホームページにブラウザでアクセスされた際に、ページが表示されるスピードは早ければ早い方が良いです。

なぜかと言うと、ページを表示されるスピードが遅いと、その時間が待てずにページを閉じてしまったり、別のページに移動してしまったりするからです。

とてもいいホームページができたとしても、表示が遅いことでサイトを去ってしまう人が多い残念な結果にならないようにしましょう。

悪い例:遅いは損しかない、原因となるポイント3つチェック

ページの表示速度が遅い場合、まずチェックしたいポイントが3つ考えられます。

1.サーバー

ホームページのデータを置いておく場所がサーバーです。

サーバーのディスク、記録媒体のスペックが良くないと表示速度は遅くなります。

最近ではSSD(ソリッドステートドライブ)で動かされるサーバーも増えてきています。(HDDと比べて非常に高速です)

表示速度が遅い場合、一度サーバーのスペックを確認してみましょう。

2.画像サイズ

Webページで掲載する情報の中で、一番ファイルサイズが大きなものが画像です。

必要以上に多数の画像をページに使用したり、サイズの大きな画像をそのままページに掲載してしまうと、表示速度が遅くなってしまいます。

画像サイズを表示される端末ごとに切り替えたり、アップする前に圧縮するなどして、1ページのページ容量が大きくなり過ぎないようにしましょう。

3.過剰に動きのあるサイト

文字が画像がアニメーション処理によって、フェードイン、ズームするなどページ内で動きのあるサイトも増えています。

目先に動きがありリッチなサイトという印象を与える点ではメリットがあります。

しかし、その処理もプログラムとしてブラウザに読み込みされているので、ページ表示速度に影響を与えます。

ページ表示速度が遅くならないように、過剰な演出は控えましょう。それでページが読まれなくなってしまえば本末転倒です。

参考ページ

Xserverでブログ、ホームページをはじめよう|おすすめサーバー
https://mw-s.jp/xserver-recommend/

まとめ

【ホームページ良い例、悪い例7つ。新規制作、リニューアル時に】

今回紹介した7つのポイントはホームページ制作において基本となる部分です。

ホームページ制作は、ただ作って公開するだけであれば、それほど難しい作業ではありません。

しかし「ホームページを活用して、商売、サービスの成果に繋げたい!」となるとやるべきこと、必ず押えておくべきポイントがあります。

「HPの新規制作で、何から考えたら良いかわからない…」「今うまくいっていないけれど、なぜだか理由がわからない…」など

今回紹介したチェックポイントが参考になれば幸いです。

基本を押えて、うまくWebをビジネスで活用していきましょう。

当サイトではエックスサーバーをを利用しています。Wordpressサイトの表示が速くて管理画面も使いやすいのでおすすめです。

http://www.xserver.ne.jp/



サーバーおすすめ記事

エックスサーバーのサービス内容についてまとめた記事です。管理画面の使いやすさ、Wordpressの表示速度、価格面、サポート体制などなど、トータールで優れたサーバーです。

ホームページ作成サービス紹介

一般の方でもホームページ作成でができるサービスを比較まとめました。プロに頼みたいけど、予算の都合などで作れないといった方もいらっしゃると思います。まずは一回試して見たい、自分で作成することを試してみたい、という方におすすめです。

無料体験あり! ホームページ作成サービス比較、自分で作りたい方におすすめ_カバー画像


スポンサーリンク

お問い合わせ

- contact -

お仕事の依頼やご相談はお気軽にどうぞ!お客様の商売発展の力になります

新着記事

- new articles -

ホームページ制作やマーケティングの他にも、日々の仕事での考えや気付きなどを記事にしています

SNS

- SNS -

MWORKSで開設しているSNSです。気軽にいいね!フォローなどしていただけると嬉しいです